ガイド

地球物質科学研究センターについて

岡山大学・地球物質科学研究センター(ISEI)は、温泉で有名な鳥取県三朝町にある、地球・惑星物質科学における共同利用・共同研究拠点です。当センターは地球や惑星の起源、進化とダイナミクスを解明すべく、高度な分析・実験技術を基盤として、同位体/微量元素分析化学・年代学、高温高圧物質科学における先端的研究を実施しています。

なお、当センターは2016年4月より「惑星物質研究所」に改組されます。

詳しくはISEI ウェブページをご覧ください。

本プログラムについて

三朝国際インターン学生プログラムは、国際研究・教育の推進を目的に、国内外から学部3・4年並びに修士課程1年生を対象として2005年より継続して開催されています。

採用された応募者は、以下のインターン研究プロジェクトの1つを指導教員とともに実際に実施します。このプログラムにおいて、参加者が最新の研究を実施することを通じて、研究への情熱が育まれることを期待しています。なお、終了時には英語による研究成果口頭発表会の実施を予定しています。

今回の研究プロジェクト

  1. EucriteとHowarditeにおける主要及び微量元素の分布: 4 Vestaのレゴリスにおける均質性と非均質性 (指導教員: 中村栄三*, 小林桂, 田中亮吏、国広卓也、北川宙, マット イザワ)
  2. オリビンとその高圧相(ワズレアイト、リングウッダイト)の熱伝導率測定 (指導教員: 芳野極*, 山崎大輔, 米田明)
  3. エンスタタイトへの水の溶解: 高圧合成、多核NMR、ラマン分光分析と第一原理計算 (指導教員: 薛献宇*, 神崎正美)
  4. 火星内部の水: 含水γ-(Fe,Mg)2SiO4 (ahrensite)の合成と分析 (指導教員: 奥地拓生*)

応募条件

地球科学、又は関連分野(物理、化学、材料科学等)専攻に在学中の学部3・4年生または修士1年生(国籍は問わない)。研究に強い意欲を持っていること、及び英語によるコミュニケーション能力が要求されます。

実施期間

2016年7月4日(月) — 8月10日(水)の 5 週間

Financial support

旅費及び滞在費を全額負担します。また、滞在に際して、当センターの宿泊施設を利用していただきます。

Number of participants

計 10 名程度

Application procedure

申請書類は2016年5月9日(月)必着です。採択結果は5月半ばまでに通知します。申請書は英語で書いてください。以下に従って手続きを行ってください

  1. 所定様式を使い、完成させて、サインをして、郵送、 電子メール添 付、又はウェブページから の アップロードで送ってください。
  2. 応募者所属大学の教員1名(できれば指導教員か学科長/研究科長) による推薦状が必要です。所定様式を使用し、その推薦人より直接送 付することを依頼してください。郵送又 は電子メー ル添付ファイルで送付可。ただし、後者の場合は大学公式のメー ルアカウント経由で送るよう依頼してください。
  3. 3. 現在所属大学における成績証明書を1通送ってください。郵送、 電子メール添 付、又はウェブページからの アップロードで送付可。電子書類の場 合、採用者には後から原本を求めることがあります。

送付先

申請書類等は以下に送ってください:

〒682-0193 鳥取県東伯郡三朝町山田 827
岡山大学・惑星物質研究所 (3月31日までは地球物質科学研究センター)
神崎 正美教授宛
電子メール misip2016@itokawa.misasa.okayama-u.ac.jp

なお、このプログラムについての問い合わせも上記にお願いします。


Leave your comment

Required.

Required. Not published.

If you have one.